TEL:045-337-0011
FAX:045-337-2500
〒240-0004 横浜市保土ケ谷区岩間町1-7-15

令和3年11月25日から当面の間【ギャラリーご利用にあたってのお願い】

当館では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、館内の消毒や換気を行うなど利用者の皆様が安心してご利用いただける取り組みを進めております。
今後は「新しい生活様式」をはじめ、内閣官房(新型コロナウイルス感染症対策推進室)からの通知や、関連する業界団体が作成したガイドラインに沿って、下記のとおり運営を進めてまいります。

 

全ての方へのお願い(観覧者を含む)

◆予めご自宅等で検温をお願いします。発熱(37.5℃を目安)又は風邪の症状がある場合は来館をお控えください。
◆施設入館時に手指消毒又は石鹸による手洗いをお願いします。
◆マスク着用をお願いします。
◇大声での会話はご遠慮ください。
◆備品を利用する際には、手指消毒又は石鹸による手洗いをお願いします。
また、備品類の取扱者を事前に定め、複数人での共用はご遠慮ください。
◆飲食については、感染リスクが高いため、次の事項を厳守してください。
対面禁止・会話禁止・十分な間隔の確保・施設の指定した場所
◆ゴミはお持ち帰りください。



ギャラリーをご利用の方(主催者)へのお願い

■事業計画時に配慮する事項■
◆イベントでの入場者数の上限は、大声あり※が想定される場合は、十分な人と人との距離(最低1m)を確保できりょうにしてください。大声なし※の場合は、人と人が触れ合わない程度の間隔を確保できるようにしてください。

※大声の定義を「来場者がステージ上を除く客席又は各室において、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」とし、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントは「大声あり」に該当する。それ以外のイベントは「大声なし」とする。

「横浜市文化施設感染症拡大防止ガイドライン」をご確認下さい。


◆展示目的以外でのご利用希望のお客様は、事前にご相談ください。

■展示スペースの設営にあたって留意する事項■
◆人の滞留や対面での会話を回避するため、間隔を置いたスペース作り等の工夫を行ってください。
◆屋内屋外に関わらず、来館者同士の距離を確保する際には、展示エリアにはフロアマーカー設置等の工夫を行ってください(最低1m)。
◇直接手で触れることができる展示物(ハンズオン)は感染リスクが高いため、展示しないことを原則とします。止むを得ない場合は、職員が管理して消毒を徹底してください。
◇屋外展示を行う場合は、鑑賞者が作品に直接手で触れることがないよう、注意喚起や展示方法の工夫を行ってください。
◇展示エリアでの感染リスクを低減するため、清掃時の消毒を徹底してください。
来館者が展示ケース等に触れる機会を減らす工夫として、パーティション等を使用することも有効です。
◇展示設営時に、人と人との間隔を極力とるようにしてください。

■来場者に対して取り組むこと■
◆イベント実施の際は、来場者全員の検温を実施してください。
◆パンフレット、ちらし、アンケート等を配布する場合は、平置きにするなど、手渡しによる配布は避けてください。
◆プレゼント等差し入れはお控えいただくよう、予め来場者にご案内ください。
◆来場者の氏名・連絡先を収集してください。必要に応じて保健所等の公的機関へ提供していただく場合があります。なお、神奈川県のLINEコロナお知らせシステムをご利用いただいた来場者の氏名・連絡先の収集は不要です。
◇入館前のサーモグラフィや非接触検温器による検温を実施してください。発熱(37.5℃を目安)等の症状がある場合には入館をお控えいただく旨の掲示をお願いします。
◇入場時のチケットもぎりのスタッフは、マスクや手袋を着用してください。また、来場者自身が半券を切り、箱に入れることをスタッフが目視で確認する方式等もぎりの簡略化の導入も検討してください。
◆展示室内(屋外展示の場合は展示エリア)では、会話を控えるように、来場者へお声がけください。
◆特定の展示作品の前に大勢の人数が滞留しないようにするため、スタッフの配置や自動音声による注意喚起等を行ってください。
◆オーディオガイド、ヘッドフォンの貸し出しを行う場合は、十分な消毒を行うとともに、十分な消毒が行えない場合は貸出を中止してください。

今後の感染状況により上記内容が変更もしくはギャラリーがご利用いただけなくなる場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

PDFでダウンロードはこちら⇒11月25日から当面の間(ギャラリーご利用のお客様へ).pdf

イベント情報

プラザ主催イベント催しものギャラリー